バリア機能とアトピー

アトピーになってしまうのは皮膚のバリア機能が失われているからです。バリア機能というのは、皮膚の表面にある皮脂膜とその下にある角質細胞などがバリアとして機能して外からの物質が侵入してきたり、水分が蒸発して皮膚が乾燥してしまうのを防ぐという意味です。このようなバリア機能が弱まってしまうとアトピーになりやすくなります。外から異物が侵入しやすくなるためです。

バリア機能皮膚のバリア機能というのは、元々の体質として弱いという方もいるのですが、皮膚を引っ掻いたり、汗や化粧品、紫外線といったものの影響が低下してしまうこともあります。アトピー性皮膚炎になっている方はバリア機能がずっと低下してしまっているのです。

バリア機能が低下することで、免疫が異常に反応しやすくなり、それがアトピー性皮膚炎を引き起こします。これはアレルギー体質の方も起きやすいです。異物が侵入してくると身体は免疫反応によってそれに対処しようとします。しかし、免疫が過剰に反応してしまうことがあり、これによって本来必要のないものにまで反応して炎症が起きてしまうのです。これによってアトピー性皮膚炎になるのです。バリア機能を高めることはとても大切です。そうすることで肌を守れます。